首イボの種類

首イボ「老人性疣贅(老人性イボ)」の原因と対処法!自宅で取れないの?

投稿日:2017年4月20日 更新日:

老化現象でできる代表的な首イボが「老人性疣贅(ゆうぜい)」と言われるイボで、老人性イボとも呼ばれています。

老人性疣贅は、老人性イボと言われたり脂漏性角化症と言われたり呼び方はさまざまですが、要するに老化が原因でできるイボと言う事です。

自分のお爺ちゃんやお祖母ちゃんの首や顔にイボができているのを見た事があると思いますが、老人性疣贅は加齢とともに現れ始めます。

とは言え老人性疣贅は、年寄りだけではなく20代や30代の方でもできてしまう可能性はあります。

つまり、老人性疣贅は年齢だけが関係しているのではなく、その他の原因も関係していると言う事になります。

そこで今回は老人性疣贅ができる原因と対処法について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

老人性疣贅の特徴

まずは老人性疣贅の特徴から見ていきましょう!

老人性疣贅は名前に老人と付くことから20代30代、または40代女性は自分には関係ないと思われているかもしれませんが、もしかするとその首にできているイボは老人性疣贅なのかもわかりませんよ。

ですから、まずは自分の首にあるイボが老人性疣贅なのかをチェックしてみてください。

老人性疣贅の特徴は、脂漏性角化症と言われるシミの一種でもあります。

基本的には50代60代に現れ始めるイボですが、早い場合だと20代でもできるイボになります。

老人性疣贅ができやすい場所は「首・顔・デコルテ・目元」等で、基本的には体の至る所にできます。

色は肌色のものから茶褐色のものまでさまざまで、中には黒っぽいイボもあります。

老人性疣贅の見た目は上記の写真のような感じになります。

老人性疣贅は良性腫瘍なので放置していても特に問題はありませんし人にうつることもありませんが、徐々に大きくなっていき見た目の問題もありますので早めに取ることをおすすめします。

老人性疣贅の特徴をまとめると、

  • 50代以降の女性できやすいけど早い場合だと20代でもできる
  • 80歳以降の人にはあたりまえのようにある
  • 大きさは数mm程度のものから大きくなると2~3cm程になる
  • 初めは小さくて目立たないので気づきにくい
  • 放置していると徐々に大きくなっていく
  • 基本的には盛り上がっていて形は決まっていない
  • 肌色や茶褐色で中には黒っぽいものもある
  • 脂漏性角化症と言うだけにシミやほくろに間違えやすい
  • 基本的に痛みや痒みはないけど痒みを伴う場合もある

になります。

老人性疣贅ができる原因

老人性疣贅は脂漏性角化症とも言われ、主な原因は「老化現象」になります。

80歳以降の高齢者なら必ずと言ってもいいほど1つは老人性疣贅があります。

老人性疣贅は老化現象が原因でできますが、20代と言った若い年代でも紫外線の影響で肌が老化していると年齢に関係なくできる傾向になります。

つまり、老人性疣贅は老化現象の一種であり高齢者だけができるイボのように思われていますが、若い世代であってもしっかりと紫外線対策ができていない場合は首やデコルテにできてしまうと言う事になります。

基本的に紫外線を浴びると表皮部分でメラニンが生成され、そのメラニンが皮膚の最深部である真皮層に紫外線が届かないようにブロックして肌を守ります。

そして、表皮部分で発生したメラニンは黒色メラニンとなり肌を黒くしますが、ターンオーバーによって角質と共に垢として排出されます。

しかし、年齢を重ねる毎にターンオーバーが停滞し始めて排出されるはずのメラニンが排出されずにそのまま肌内部に蓄積されてしまいます。

これがいわゆるシミができる仕組みなのですが、脂漏性角化症もシミの一種になりますので同じ仕組みで老人性疣贅ができるのです。

シミとなって肌内部に蓄積された古い角質が徐々に蓄積されていって盛り上がって肌表面に出てくる突起物が脂漏性角化症であり老人性疣贅の正体なのです。

また、長期的に紫外線を浴び続ける事で起こる「光老化」も老人性疣贅の原因の一つになります。

光老化とは紫外線のダメージによる皮膚の老化現象になります。

ですから紫外線対策を怠っていたら、たとえ20代や30代と言う若さであっても、老人性疣贅のようなイボが首やデコルテにできてしまう事もあるのです。

老人性疣贅ができてしまったらどうしたらいいの?対処法は??

老人性疣贅が首もしくはその他の場所にできてしまった場合はどう対処したらよいのでしょうか?

まず老人性疣贅が首にできてしまったら治療が必要になりますが、この場合は「皮膚科」もしくは「美容外科」を受診することになります。

首イボの治療法は大きく分けると3種類あって、いずれかの方法で医師の判断によって施術が行われます。

ちなみに首イボ治療は、

  1. ハサミで切り取る
  2. 液体窒素で除去する
  3. レーザーで徐々する

の3種類になります。

上記のいずれかの方法で首イボを除去するかたちになります。

①ハサミで切り取る

ハサミで切り取る場合の施術は一瞬になります。

昔からあるイボ取り治療の方法ですが絶対に自分でハサミで切ることだけはやめてください。

首イボはハサミや爪切りで切ってはいけない!?意外と知らない危険性について

首イボの治療法の一つに「ハサミで切る」と言う方法があります。 最も一般的なイボの治療法で古くからある方法ではありますが、絶対に自分でハサミを使用して切ることだけはやめておきましょう。 首にできる小さな ...

続きを見る

②液体窒素で除去する

液体窒素を使用して首イボを除去する方法になります。

いわゆる「凍結療法」と言う治療で、-190度の化学薬品でイボを凍結させて細胞を壊死させる治療法になります。

痛みが強い治療で複数回の施術を受ける必要があるため途中で挫折する人も居ます。

首イボを皮膚科の液体窒素治療で治す方法!費用や保険適用の有無と安全性について

首イボの治療と言えば「皮膚科」もしくは「美容外科」での手術になります。 手術と言っても非常に小さな手術になりますのでそこまで心配する必要はないでしょう。 そんな皮膚科等で行われる首イボ治療方法に「液体 ...

続きを見る

③レーザーで徐々する

レーザー治療は「炭酸ガスレーザー」「YAGレーザー」の2種類ありますが、ほとんどの場合は炭酸ガスレーザーを使用してイボの組織細胞を蒸散させる治療法になります。

イボのレーザー治療は自由診療になりますので「健康保険適用外」の治療になります。

また、レーザー治療は最もキレイにイボを取ることができるため、医師がおすすめする方法でもあります。

首イボを皮膚科のレーザー治療で治す方法!費用や保険適用の有無と安全性について

首イボを取るための治療方法はいくつかありますが、最もおすすめの方法が「レーザー治療」による首イボの除去になります。 なぜ首イボの治療はレーザー治療がおすすめなのかと言いますと、「1回の治療で首イボが取 ...

続きを見る

老人性疣贅は自宅で取れないの?

老人性疣贅は上記のように皮膚科で取ることができます。

でも皮膚科に通う時間が無いし面倒だから何とか自宅で取れないの?と言う人も多いのではないでしょうか。

老人性疣贅はウイルス性のイボでもなく悪性の腫瘍でもないので、自宅で取ることができるのです。

老人性疣贅は、古くなった角質が突起してできたイボになります。

ですから、イボ専用に開発された化粧品を使用すれば、わざわざ皮膚科に通わなくてもキレイに老人性疣贅を取り除く事ができるのです。

しかも、化粧品になりますのでイボに効果的な成分だけではなく、美容効果の高い「ヒアルロン酸・コラーゲン・プラセンタエキス」等の美容効果の高い成分も同時に配合されていますので、イボケアと同時にスキンケアまでできるのです。

イボ専用化粧品で老人性疣贅はキレイに取ることができます!

イボ専用化粧品には昔からイボ取り治療で親しまれている「ヨクイニン(ハトムギ)」と言う漢方成分が配合されていて、他にもイボに効果のある「杏仁オイル(あんずエキス)」等が配合されていますので、キレイに老人性疣贅を取り除く事ができます。

ヨクイニンは皮膚科でも処方されるイボ専用の漢方薬で、イボ取りには効果的な成分なのです。

そんなイボ取り効果のある成分と美容成分を配合したオールインワンジェルを使うことで厄介な老人性疣贅を取ることができるのです。

皮膚科で老人性疣贅を取ったとしても、アフターケアで通院する必要がありますのでとても面倒ですが、イボ専用化粧品なら自宅に居ながら老人性疣贅のケアをする事ができるのでおすすめになります。

おすすめのイボ専用化粧品は「艶つや習慣」と言うハトムギエキスとあんずエキス、その他美容成分をたっぷり配合したオールインワンジェルになります。

また、その他のヨクイニン配合の化粧品と比較したい場合は以下の記事でヨクイニンについてもまとめていますのでチェックしてみてください!

首イボが改善するヨクイニンの効果とは?成分や副作用について

多くの女性が悩む「首イボ」ですが、ヨクイニンと言う成分で首イボが改善するって知っていましたか? ヨクイニンは首イボだけではなくイボ全般に効果的で、皮膚科のイボ治療の際にも処方される程イボに効果的な成分 ...

続きを見る

ハトムギエキスとあんずエキスを配合した「艶つや習慣」が首イボをキレイに取り除いてくれる!

角質取り成分配合の究極のオールインワンジェル!

通常価格 4,104円⇒3,693円(10%OFF)
初回限定価格 2,052円(50%OFF)
送料 無料(単品購入の場合は630円)
返金保証 なし
有効成分 ハトムギエキス・あんずエキス・プラセンタエキス・アロエベラ・ヒアルロン酸・コラーゲン・クチナシ・アスタキサンチン・他
容量 120g
1日あたりのコスト 92.3円
艶つや習慣のおすすめポイント!
皮膚科いらずの「角質取り成分配合のオールインワンジェル」になります!硬くなった気になる首のポツポツをハトムギエキスとあんずエキスが柔らかくし、痛みなくポロリと落としてくれます。首のポツポツ以外にも目元等にできる手にあたるポツポツやざらざらをキレイになくしてくれて、スキンケアと同時にポツポツケアができます。また、プラセンタエキスやヒアルロン酸、コラーゲン等の美容成分も配合されているので美肌効果がとても高くなっています。首元以外にも脚や腕、背中等の全身いお使いいただけます。今ならキャンペーン期間中で、通常価格4,104円が50%OFFの2,052円で購入可能になります!

上記商品が首イボ取りに効果的なイボ専用化粧品のおすすめになります。

他のイボ専用化粧品と比較したい場合は、首イボを取るための化粧品おすすめランキングを参考にしてみてください。

艶つや習慣の成分や副作用について!効果なしの口コミを解明してみた

ふと気づいたら首に小さなポツポツが!! それはいわゆる「首イボ」と言うやつで、老化現象の一つであります。首にできるポツポツは古くなった角質が突起してできる角質粒がほとんどで、イボの種類は「アクロコルド ...

続きを見る

イボ専用化粧品は老人性疣贅等の首イボの予防対策にも最適!

イボ専用化粧品は老人性疣贅をキレイに取り除く事が可能な上に、今後の首イボ予防対策にも効果的になります。

首イボを作らせない肌作りが可能で、肌のターンオーバーを促進させる成分や保湿成分、美容成分がたっぷり配合されていますので、首イボの悩みから解放される事は間違いありません。

皮膚科でイボ治療をしてレーザーや液体窒素等で首イボを除去したとしても、再発する可能性は十分にあります。

しかし、首イボ専用化粧品でしたら今ある首イボを取ることも可能ですし再発防止にも効果を発揮してくれるのです。

まとめ

老人性疣贅は老人性イボや脂漏性角化症と言われ、老化現象が原因でできるイボになります。

若いから大丈夫と安心して紫外線対策を怠ると、たとえ20代や30代でも老人性疣贅は現れますので徹底した紫外線対策とスキンケアをするようにしましょう。

また、老人性疣贅は皮膚科で除去することもできますが悪性腫瘍ではないので、イボ専用化粧品でスキンケアしながら取るのがおすすめの方法になります。

イボ専用化粧品なら皮膚科に通わなくても自宅でケアできますので、皮膚科に通う時間がない方でも安心ですね。

首やデコルテ、その他の場所にできた老人性疣贅は、イボ専用化粧品でキレイに取り除きましょう。

首イボの取り方をご紹介!首やデコルテにできたイボを自宅でケア

気がついたらいつの間にか首筋やデコルテに小さなイボができていると言うことが良くあります。 首やデコルテは露出度が高い部分になりますので、気になって仕方がありません・・・ そんな厄介な首イボやデコルテに ...

続きを見る

-首イボの種類
-, , , , , , ,

Copyright© 首イボ取り方ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.