イボコラム 首イボの基礎知識

首イボから出血した場合の対処法について!

投稿日:2018年1月9日 更新日:

女性だけに限らず男性の方も首イボにお悩みの方は多いと思います。

首イボは年齢を重ねる毎に数が増えていきますので早めに対策しておきたいですよね。

しかし、首イボは特に人体に害を与えるものでもないので意外と放置してしまいがちと言う人が多いのも事実です。

首まわりをはじめデコルテ部分にもイボができてしまうこともあり、放置しすぎて大きくなってしまうこともあります。

首イボが大きくなってくると、ネックレスなどのアクセサリーで首イボをひっかけてしまい「出血」なんてことも珍しくないのです。

そして最悪の場合傷口から雑菌が入り炎症を起こしてしまったりします。

また、その首イボがウイルス性のイボだった場合は、他の部分にイボが大量にできてしまったり、他人に移してしまう可能性も高くなります。

首イボから出血することは滅多にありませんが、一度出血してしまいますとなかなか血が止まりませんので要注意です。

そこで今回は、首イボから出血してしまった場合の対処法と首イボから出血する前に治す方法について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

首イボは触ったり引っかけたりすると出血することもある

首イボは基本的に露出していることが多い首まわりやデコルテ部分にできますので、無意識のうちに触ってしまったり、ネックレスで引っかけてしまったりしてしまいます。

また、マフラーやスカーフなどを首に巻くことで摩擦を起こしてしまい出血の原因になることもあります。

首イボに刺激を与えてしまうことで皮膚への負担が大きくなり、出血してしまったり、首イボの増加、首イボの拡大など状況が悪化してしまいます。

ですからなるべく意識して首イボに刺激を与えないように注意するようにしてください。

首イボは絶対にハサミで切ったりしないでください!

邪魔だから、出血してしまったからと言う理由でハサミや爪切りなどで切除してしまう人も稀に居ますが、絶対にしないようにしてください。

首イボをハサミなどで切ってしまうことで傷口から雑菌が入って炎症を起こし化膿してしまうこともあります。

また、傷痕も確実に残ってしまいますので絶対にハサミで切ることはしないようにしましょう。

万が一その首イボがウイルス性だった場合は他の箇所にイボが転移して大量発生してしまったり、他人に移してしまうこともあります。

ですから何度も言いますが絶対に首イボをハサミなどで切除しようとしないでください。

首イボの出血が止まらないときの対処法

なんらかの理由で首イボから出血してしまった場合の止血方法をご紹介します。

基本的に首イボから出血することは稀ではありますが、ネックレスで引っかけてしまったり、マフラーやショルダーバッグのストラップで引っかけてしまうと出血してしまうことがあります。

このような場合で出血してしまったときは焦らず以下のように対処してみてください。

  1. 石鹸で手を洗う
  2. 出血している部分を流水で洗う
  3. ガーゼ(ティッシュ)等で直接傷口を圧迫するように押さえる
  4. 安静にする

出血量が多くなかなか血が止まらない場合は、ガーゼを交換したり、さらに量を増やして抑えるようにしてください。

出血は心臓の位置より高くすることで抑えることができますので、首の場合は椅子に座るかたった状態で処置するようにしてください。

この時になるべく直接血液に触れないようにしてください。

出血しているイボがウイルス性のイボだった場合はうつりますので要注意です。

上記の方法でしばらく患部を抑えておくだけで出血を止めることができます。

長時間押さえとくことが難しい場合は、ある程度時間が経過しましたら医療用テープで固定するか絆創膏などに切り替えるようにしましょう。

それでも出血が止まらない場合は、速やかに医療機関を受診するようにしてください。

出血してしまったら医療機関を受診しましょう!

首イボから出血してしまった場合は、応急処置は自分で行っても問題ありませんが、なるべく皮膚科などの医療機関を受診するようにしてください。

皮膚科では液体窒素や炭酸ガスレーザーによるイボ切除を行っています。

相当な痛みを伴いますが、自分では完璧な処置ができませんので我慢しましょう。

ハサミで切除できる場合もありますので、まずは医療機関に相談するようにしてください。

首イボは出血する前に対処しましょう

首イボは放置していても害はないのですが、長期間放っておくと拡大しますし、数も増えていきますので早めに対策することをおすすめします。

早期対策することで治りも早いので、首イボを一つでも発見しましたらすぐにイボケアをはじめましょう。

首イボは大きくなればなるほど取れるまでに時間がかかりますし、数が増えれば増えるほど費用もかかってしまいます。

早めに対策して予防するようにしましょう。

首イボは出血する前にセルフケアで除去しよう!

首イボは放置していても害はありませんが、上記のような問題が発生します。

そうなる前に、首イボを発見しましたら早めにケアして首イボを取り除いてしまいましょう。

首イボのセルフケア方法はとても簡単で、ヨクイニン配合のイボ専用のクリームを使用して毎日患部に塗るだけになります。

首イボケアと同時にスキンケアもできますので、肌トラブルの改善にもつながりますし、美肌を手に入れることもできます。

もちろん痛みもなくイボケアできますので安心してください。

>>首イボ取りに効果的なヨクイニン配合のイボ専用クリームおすすめ

首イボが改善するヨクイニンの効果とは?成分や副作用について

多くの女性が悩む「首イボ」ですが、ヨクイニンと言う成分で首イボが改善するって知っていましたか? ヨクイニンは首イボだけではなくイボ全般に効果的で、皮膚科でも処方される程イボに効果的な成分になります。 ...

続きを見る

首イボがそれほど大きくなっていない場合や、できて間もない場合は上記のイボ専用クリーム(オールインワンジェル)でケアすることをおすすめします。時間はかかりますが、昔からイボ取りに使われている漢方の1つである「ヨクイニン」が配合されていて首イボ除去にとても効果的になります。同時にスキンケアもでき肌トラブルなどの改善にも効果を発揮します。また、敏感肌の方でも安心してお使いいただけますので是非お試しください。どうしても不安と言う場合は、返金保証付きのクリアポロンからお試しください。

まとめ

首イボから出血することは滅多にありませんが、大きくなってくるとそれだけ引っかけてしまうことが多くなりますし、マフラーなどの摩擦で刺激を受けやすくなりますので早めにイボ対策することをおすすめします。

皮膚科で除去すると言う方法もありますが、当サイトではイボ専用クリームをおすすめします。

なぜなら、保険適用外なので相当な金額が必要になると言うことと、液体窒素や炭酸ガスレーザーの場合は相当な痛みを伴うからです。

しかも、一度の施術で完了せず何度も通院する必要があります。

このように考えると、早期対策でセルフケアで改善した方が断然いいですよね!

首イボから出血してしまった場合は仕方がありませんが、出血する前であればイボ専用クリームでケアすることをおすすめします。

首イボの取り方をご紹介!首やデコルテにできたイボをセルフケアで取る方法

気がついたらいつの間にか首筋やデコルテに小さなイボができていると言うことが良くあります。 首やデコルテは露出度が高い部分になりますので、気になって仕方がありません・・・ そんな厄介な首イボやデコルテに ...

続きを見る

-イボコラム, 首イボの基礎知識
-, ,

Copyright© 首イボ取り方ガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.