首イボの取り方

首イボがピーリングで取れるって本当!?安全なの?

投稿日:2017年5月8日 更新日:

首イボに限らずデコルテなどにできる小さなポツポツとしたイボは「ピーリング」で取れると言われていますが、果たして本当なのでしょうか?

ピーリングはシミのケアやニキビ痕の肌トラブルのケアとして用いられるスキンケア方法の一つとして人気がありますが、ピーリングで首イボは本当に取れるのでしょうか。

今回は首イボがピーリングで取れるって本当?と言う疑問に対して答えていきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもピーリングって何?

スキンケアの知識がある人でしたらピーリングと言う言葉を知っていると思いますが、聞いた事はあるけどいまいちよく分かっていないと言う人のために改めて解説したいと思います。

ピーリングとは、英語で「剥ぎ取る」と言う意味の「peel」が由来となっているスキンケア方法になります。

つまり、古い角質を剥ぎ取り肌のターンオーバーを正常化するためのいわゆる「角質ケア」と言うことになります。

ここで注意していただきたいことが、「ピーリングはあくまでも肌のターンオーバーを正常化するためのものでターンオーバーを早めるものではない」と言うことです。

でも「古い角質を剥ぎ取る」と言う言葉を聞くとなんだか恐ろしくなってしまいませんか?

ですからもう少しピーリングについて深堀していきましょう。

ピーリングは大きく分けて2パターンある!

ピーリングと一口に言っても大きく分けると「科学的」「物理的」の2パターンあります。

科学的なピーリングとは

科学的なピーリングとは、「ケミカルピーリング」のことで、酸を直接肌に塗り角質を溶かしていく方法になります。

「AHA(アルファヒドロキシ酸)」を配合したピーリング石鹸やピーリングジェルを使用することが一般的で、AHAはリンゴ酸、乳酸、クエン酸、グリコール酸等の天然由来の成分がほとんどになりますので、「フルーツ酸」とも言われています。

比較的肌への刺激が低いため安全なピーリング方法になります。

巷でケミカルピーリングは危険と騒がれているのは「BHA(ベータヒドロキシ酸)」と言う強力な化学物質を使用したケミカルピーリングで、BHAはTCA(トリクロール酢酸)、サリチル酸マクロゴール、サリチル酸エタノール等になります。

ピーリング効果は高いのですが、肌への刺激が強力なため肌トラブルの原因になってしまいますのでおすすめの方法ではありません。

物理的なピーリングとは

一方物理的なピーリングは「レーザーピーリング・ダイヤモンドピーリング・ソルトピーリング・クリスタルピーリング」等々になります。

これらの物理的なピーリングに関しましては、美容クリニック等で施術を受ける必要があります。

ピーリングは危険ではないの?

ピーリングの方法は大きく分けて上記の2パターンになります。

でもピーリングは危険ではないの?と言う人も多いと思いますの説明しますね。

ピーリングを行う目的は「古い角質を剥ぎ取ること」で、正しい方法で行えば古い角質を除去し美肌を手に入れることが可能となりますし、危険性も心配するほどではありません。

しかし、ピーリングはなんでもかんでも良いと言うものではなく、間違えた方法で行った場合は取り返しのつかないことになってしまいますので注意が必要なのです。

ピーリングをすることでニキビが治る、ピーリングを行えば美肌が手に入る、と言う認識の人が多いと思いますが、これは間違った情報でありピーリングをやるべきでない場合があるのも事実になります。

ピーリングの効果を謳っている商品のほとんどが、商品を売るための誇大広告になりますのでご注意ください。

つまり、何でもかんでもピーリングをすればよいと言うことではないと言うことです。

実際にピーリングを行った直後はとても肌がキレイになります。

しかし、ピーリングで剥ぎ取れるのは古い角質だけではなく必要な角質や皮脂まで全て剥ぎ取ってしまうので肌バリアが無い状態となってしまうのです・・・

そして、乾燥肌や肌荒れの原因となり「ニキビ」「吹き出物」が増えたり、ニキビ痕が酷くなり炎症性色素沈着を起こしたりしてしまう事になるのです。

肌バリアが無くなることで紫外線や大気中の雑菌から肌を守ることができなくなるので炎症を起こしやすい肌になりニキビ肌が悪化します。

また、肌バリア機能がなくなることで肌内部の水分が蒸発しやすくなり乾燥肌になってしまいます。その結果敏感肌になってしまう事もよくあるのです。

ピーリングはいつやるの?どのような場合にしたらいいの?

ピーリングは古い角質を剥ぎ取るのに効果的な方法であることは間違いありませんが、上記のような危険性もありますので注意が必要になります。

では、ピーリングはいつやるの?どのような場合にしたらいいの?と言うことになると思いますが、ピーリングを行う時は「肌のターンオーバーが停滞しているとき」に行うのがベストなのです。

ピーリングを行うサインとしましては、

  • 肌のシミが気になる
  • 肌のくすみが気になる
  • 肌がゴワゴワする
  • 毛穴が開いている
  • 化粧ノリが悪い
  • 化粧水が浸透しない

になります。

このような肌状態になり始めるのは基本的にターンオーバーが停滞しはじめる40代頃になります。

つまり、若い女性の場合で肌のターンオーバーが正常化されている場合は、ほとんどピーリングを行う必要はないと言うことですね。

首イボはピーリングで取れるのか?

ピーリング方法は上記の2パターンになりますが、一般的に行われる方法は科学的なフルーツ酸を使用したケミカルピーリングで、肌内部に蓄積された古い角質を溶かしてターンオーバーを正常化させる方法になります。

ほとんどの首イボの正体は古い角質が突起した角質粒になりますので、ピーリングを行いターンオーバーを正常化してあげることで首イボ改善効果には期待できます。

しかし、注意していただきたいのが市販のピーリング剤は顔に使用するものが多く首イボ用ではないと言うことになります。

首の皮膚は顔の皮膚よりも薄く柔らかくなりますので「炎症」「かぶれ」等の肌トラブルを起こしてしまう恐れがあります・・・

しかも、首イボは突起しているためピーリング効果が表れにくい可能性が非常に高くなってしまいます。

したがってピーリングは首イボ取りには向いていないと言えます。

首イボは古い角質なのでターンオーバーが正常になれば取れると言う原理は正しいのですが、市販のピーリング剤はおすすめできません。

首イボの除去のためにターンオーバーを正常化させるには、首イボ専用の化粧品でスキンケアすることをおすすめします。

首イボ取りはピーリングよりもイボ専用化粧品でスキンケア

首イボ取りはピーリングで取れなくもないのですが、肌トラブルが心配されます。

ですから、肌トラブルを避けるためにもイボに効果的なヨクイニン(ハトムギ)と美容成分がたっぷり配合されたイボ専用化粧品のオールインワンジェルでスキンケアすることをおすすめします。

イボ専用化粧品だとピーリング剤に配合されているAHAやBHAが入っていないので、敏感肌の人でも安心してケアできます。

ピーリングのように無理矢理に古い角質を剥ぎ取るようなことはしませんので、肌バリア機能も低下することなくイボ取りができます。

しかも「プラセンタ・ヒアルロン酸・コラーゲン」等の美肌成分が配合されているので、イボが取れるだけではなく美肌も手に入りさらにイボができにくい肌質まで手に入れることができるのです。

おすすめは艶つや習慣と言うイボ専用化粧品ですが、ほかのオールインワンジェルとも比較したいと言う場合は、イボ専用化粧品のおすすめランキングをチェックしてみてください。

まとめ

ピーリングで首イボを取ることは可能ですが、上記で説明しました通り肌トラブルを起こしてしまう危険性がありますのでおすすめではありません。

特に乾燥肌の方や敏感肌の方は注意が必要になります。

ピーリングは強制的に古い角質を剥ぎ取る形になりますので、結果的に必要な角質や皮脂まで全て落としてしまう事になりますので、乾燥肌や敏感肌の原因になってしまいます。

この事実を知らないでピーリングをやり続けることで、肌がどんどん弱っていきますので注意するようにしてください。

したがって首イボ取りはイボ専用化粧品を使用することをおすすめします。

首イボの取り方をご紹介!首やデコルテにできたイボを自宅でケア

気がついたらいつの間にか首筋やデコルテに小さなイボができていると言うことが良くあります。 首やデコルテは露出度が高い部分になりますので、気になって仕方がありません・・・ そんな厄介な首イボやデコルテに ...

続きを見る

-首イボの取り方
-, , , , , , , ,

Copyright© 首イボ取り方ガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.