首イボの取り方をご紹介!首やデコルテにできたイボを自宅でケア

気がついたらいつの間にか首筋やデコルテに小さなイボができていると言うことが良くあります。

首やデコルテは露出度が高い部分になりますので、気になって仕方がありません・・・

そんな厄介な首イボやデコルテにできるイボの取り方について徹底解説したいと思いますので、首イボでお悩みの方は参考にしてみてください。

目次

首イボとは?

首イボの取り方の前に、まずは首イボについて理解しておきましょう。

首イボとは、茶色または肌色をした数mm程度の突起物で、「アクロコルドン」と言う名前のイボが一般的になります。

他にも「老人性疣贅」「スキンタッグ」と言うイボが首にできる傾向が強く、多くの方が悩んでいる首イボになります。

首イボの種類については後ほど解説いたしますので、自分の首イボがどの種類に該当するかチェックしてみてください。

基本的に首にできるポツポツとしたイボの大きさは米粒よりも小さく大体1~2mm程度になります。

首イボで最も多いアクロコルドンができる主な原因は「紫外線」「摩擦」による刺激で、乾燥肌の人は特にできやすい傾向にあります。

30代を過ぎたあたりから首イボができやすくなる!?

首イボに悩む女性のほとんどが30代以降の方になります。

アクロコルドンや老人性疣贅、スキンタッグができるのは老化現象の一つですが、上記でも言いましたように乾燥肌の人にできやすい傾向がありますので、20代でも首やデコルテにアクロコルドンができてしまう場合もあります。

また、若いのに首イボができやすい特徴は「乾燥肌・色白・肌質が柔らかい」になります。

それから、アクロコルドン等のイボの原因は紫外線と摩擦になりますので、脇の下や股のような摩擦が多い部位にもできてしまいます。

首イボ(アクロコルドン)は体に悪影響?

首イボであるアクロコルドンは老化現象によってできる角質の突起物になりますので、人体への悪影響はありません。

症状がなさ過ぎて首イボができていることに気づかない場合もあるぐらいです。

稀に痒みを感じたり痛みを感じたりする場合もありますけど、特に気にする必要はないでしょう。

ただし、あまりにも痛みを感じる場合は、他の病気の可能性もありますので皮膚科等を受診して専門医に相談するようにしてください。

首イボの取り方について

首イボの取り方について解説していきますが、「デコルテ・顔・肩・目元・胸」等にできるイボも同じ方法で取ることができます。

首イボの取り方は、

  • 皮膚科で首イボを取る
  • 自宅で首イボ取る

の2パターンありますが、手っ取り早く首イボを取りたい場合は皮膚科を受診することをおすすめします。

ただし皮膚科でのイボ治療は「保険適用外」となる治療法もありますので注意が必要になります。

また、自宅で首イボを取ることも可能ですが、自宅で首イボを取る場合は危険を伴う可能性もありますので注意が必要になります。

しかし、今回は最も安全な方法で自宅で首イボを取る方法をご紹介していますので是非参考にしてみてください!

首イボは化粧品を使って自然に取るのが安全で最適な方法!

自宅で首イボを取るのに一番おすすめの方法は、首イボに効果的な化粧品を使用して自然に首イボを取る方法になります。

どれだけ問題ないと言われてもさすがに自分の首にできたイボをハサミで切り取ると言う行為は恐すぎますよね・・・

そこでおすすめなのが「ヨクイニン・ハトムギ・あんず」等の有効成分が配合された化粧品になります。

以下で紹介するオールインワンジェルでしたら、イボのケアと同時に美肌ケアや保湿ケアもできますのでおすすめになります。

首イボを取るための化粧品おすすめランキング

首イボの取り方についてはいろいろと方法があり詳しくは以下で解説していますが、最も安全で痛みなく首イボを取る方法は「化粧品」を使用した方法になります。

艶つや習慣

角質取り成分配合の究極のオールインワンジェル!

通常価格 4,104円⇒3,693円(10%OFF)
初回限定価格 2,052円(50%OFF)
送料 無料(単品購入の場合は630円)
返金保証 なし
有効成分 ハトムギエキス・あんずエキス・プラセンタエキス・アロエベラ・ヒアルロン酸・コラーゲン・クチナシ・アスタキサンチン・他
容量 120g
1日あたりのコスト 約95円(3ヶ月継続した場合)
艶つや習慣のおすすめポイント!
皮膚科いらずの「角質取り成分配合のオールインワンジェル」になります!硬くなった気になる首のポツポツをハトムギエキスとあんずエキスが柔らかくし、痛みなくポロリと落としてくれます。首のポツポツ以外にも目元等にできる手にあたるポツポツやざらざらをキレイになくしてくれて、スキンケアと同時にポツポツケアができます。また、プラセンタエキスやヒアルロン酸、コラーゲン等の美容成分も配合されているので美肌効果がとても高くなっています。首元以外にも脚や腕、背中等の全身いお使いいただけます。今ならキャンペーン期間中で、通常価格4,104円が50%OFFの2,052円で購入可能になります!
クリアポロン

新発想で角質ケアも透明感も手に入る!

通常価格 6,800円
初回限定価格 2,980円(45%OFF)
返金保証 180日間の全額返金保証付き
送料 無料(通常購入の場合は650円)
有効成分 Wヨクイニン・あんずエキス・ダーマヴェール・プラセンタ・ビタミンC誘導体・ヒアルロン酸・コラーゲン・アラントイン・セラミド・スクワラン・トレハロース・他
容量 60g
1日あたりのコスト 約154円(3ヶ月継続した場合)
クリアポロンのおすすめポイント!
首、腕、顔にできるポツポツやブツブツをWヨクイニンの効果でポロっとキレイに落としてくれます。お客様満足度は驚異の93.1%で、口コミでも非常に評判の良いオールインワンジェルになります。しかも、180日間の全額返金保証付きになりますので、安心して利用していただく事ができます。またポツポツケアと美容効果の高い成分を18種類以上も配合していて、ポツポツケアと同時に美肌ケアも可能となっています。効果に不安な方はまずは全額返金保障付きのクリアポロンからはじめてみてはいかがでしょうか?今ならキャンペーン期間中で、通常価格5,440円が45%OFFの2,980円で購入可能になります!
シルキースワン

落として浸透の2ステップでポツポツケア!

通常価格 9,800円
初回限定価格 2,980円(70%OFF)
返金保証 なし
送料 無料
有効成分 ヨクイニン・ハトムギ・杏仁オイル・キハダ樹皮エキス・プラセンタエキス・ヒアルロン酸・コラーゲン・ビタミンC誘導体・チャカテキン・他
容量 20g×2個+ぽろぽろクリアジェル
1日あたりのコスト 約153円(3ヶ月継続した場合)
シルキースワンのおすすめポイント!
シルキースワンは首元のポツポツケアに特化したオールインワンジェルで、4種類の濃厚なポロっと成分を配合しています。「ヨクイニンエキス・杏仁オイル・ハトムギ種子エキス・キハダ樹皮エキス」この4つの成分が首のポツポツをキレイに落としてくれます。また、12の美容成分がキメ、ハリ、ツヤのある明るい肌へと導いてくれますので、ポツポツケアと美肌ケアを同時に行うことができるのもシルキースワンの人気の秘密です。しかも今だけ「毎月先着100名様にぽろぽろクリアジェルを無料プレゼント!」のキャンペーンを行っています。今ならキャンペーン期間中で、通常価格9,800円が70%OFFの2,980円で購入可能になります!

イボ専用化粧品のメリットとデメリット

上記のイボ専用化粧品で首イボやその他の場所にできたイボを取ることができます。

イボ専用化粧品はメリットばかりのように思われますが、デメリットもありますのでしっかりとメリットとデメリットを理解した上で使用するようにしてください。

イボ専用化粧品のメリット

イボ専用化粧品のメリットは、

  • 痛みが無くキレイに首イボが取れる
  • イボのケアと同時にスキンケアができる
  • 美容成分配合で美肌効果が高い
  • 首イボの予防対策ができる
  • 首イボだけではなく他の場所にできたイボにも効果的
  • 乾燥肌等のさまざまな肌トラブルにも効果的

になります。

イボ専用化粧品はイボを取るために開発された化粧品になりますが、数種類の美容成分も配合されていますので、イボのケアと同時にスキンケアもできる一石二鳥の商品になります。

たっぷりの保湿成分が配合されていますので、しっかりと肌のターンオーバーを促進させてくれるので、イボの予防だけではなくシミやシワにも効果が期待できます。

イボ専用化粧品のデメリット

イボ専用化粧品のデメリットは、

  • イボが取れるまでに時間がかかる
  • 継続する必要がある
  • コストがかかってしまう

になります。

イボ専用化粧品は薬ではないので即効性はありません。

つまり、キレイに首イボが取れるまでに時間がかかてしまうと言うことになります。

ですから、手っ取り早く首イボを取りたい場合は皮膚科を受診する事をおすすめします。

また、すぐに首イボが取れないと言うことは、「継続する必要がある」と言うことになりますので、「コストがかかってしまう」と言うデメリットもあります。

ただしこのデメリットに関しましては、継続することでイボがキレイに取れると言うメリットとスキンケアができると言うメリットもありますので、スキンケアをしていたら首イボがポロリと取れちゃったと考えることができますので、それほど大きなデメリットとはならないでしょう。

首イボが取れるまでどれぐらいの時間が必要なの?

イボ専用化粧品で首イボが取れるまでにどれぐらい時間が必要になるのか?につきましては、イボの大きさや種類によって異なりますので一概には言えません。

早い場合だと約1ヶ月で首イボが取れる場合もありますし、時間がかかると2~3ヶ月程かかる場合もあります。

その代り、皮膚科でハサミで切ってもらったりレーザー治療するよりも、傷痕が残らないのでキレイにイボをとる事ができると言うメリットもあります。

やってはいけない自宅で首イボを取る方法

首イボができてしまって早く取りたい!と思われている方も多いと思います。

そんな時についついやってしまいがちなイボの取り方があります・・・

インターネット上にも「自宅で首イボを取る方法」として紹介されていますが、以下の方法は絶対にやってはいけませんのでご注意ください!

  1. ハサミで首イボを切り取る
  2. 糸で縛って首イボを切り取る
  3. ドライアイスで首イボを壊死させる
  4. 線香で焼いて首イボを取る
  5. イボコロリで首イボを取る

上記のようなイボを取る方法がありますが、危険を伴いますので絶対にしないようにしてください!

自宅で絶対にやってはいけない首イボの治療について

まずは自宅でもできる首イボ治療だけど、絶対にやってはいけない治療法をご紹介したいと思います。

①ハサミで首イボを切り取る

まず一つ目は首にできたイボを自分でハサミを使って切り取る方法になります。

アクロコルドンの様な老化現象の影響でできる首イボの場合は、自分でハサミを使って切り取っても特に問題はありませんが、危険を伴いますので絶対にしないようにしてください!

人間の首には太い血管や多くの毛細血管が通っていますのでとても危険な行為になります。

イボをハサミで切り取って出血が止まらなくなる可能性もありますのでご注意ください。

②糸で縛って首イボを切り取る

首イボの根元を凧糸等で縛って細胞を壊死させてイボを取る方法になります。

この方法は相当痛みを伴いますし、数日間糸を縛り付けた状態になります。

また、縛り方によってはイボが腫れたり、水ぶくれができたり、出血を引き起こしてしまう場合もありますので、絶対にしないようにしてください!

③ドライアイスで首イボを壊死させる

首イボにドライアイスを直接当ててイボの細胞を壊死させる方法になります。

皮膚科等で行う液体窒素治療と同じような方法になりますが、素人が行うには危険を伴いますので注意が必要になります。

ドライアイスの温度はマイナス79度になりますので火傷のリスクがありますの、絶対にしないようにしてください!

④線香で焼いて首イボを取る

線香に火を焚いて直接イボに当てて焼いて取る方法になります。

一度ではイボが取れない可能性が高く、とても危険な方法になります。

こちらも火傷のリスクが非常に高いので、絶対にしないようにしてください!

⑤イボコロリで首イボを取る

イボと言えばイボコロリを使う人もおおいと思いますが、首イボにはイボコロリの使用はできませんのでご注意ください。

イボコロリは柔らかい皮膚の部分には使用できませんので、首やデコルテにできたポツポツのイボには使えません。

痕が残ってしまったりする場合もありますので、絶対に使用しないようにしてください!

上記の5つの方法で首イボを取ったことがあると言う人や、今まさに試そうとしていた人は要注意です!イボを取った痕が残る程度済むならまだしも、出血が止まらなくなる可能性もありますので注意が必要になります。首には太い血管や細い毛細血管が無数に通っているので安易にハサミで切ったりするのは大変危険な行為になりますので絶対にしないようにしてください。自宅で首イボを取る場合は、安心安全な化粧品を使用して取る方法をおすすめします。

首イボ専用の化粧品おすすめランキングへ戻る

皮膚科の治療で首イボを取る場合

皮膚科の治療で首イボを取る場合は、

  1. ハサミやピンセットで首イボを切り取る
  2. 液体窒素を使った治療で首イボを除去する
  3. 炭酸ガスレーザーを使った治療で首イボを除去する

のような治療法があります。

①ハサミやピンセットで首イボを切り取る

皮膚科で首イボを取る治療方法の一つにハサミやピンセットを使って除去する方法があります。

ハサミやピンセットで切り取る方法になりますので痛みを心配される方も多いと思いますが、「イボは水分を失った角質の突起物」になりますので、心配するほど痛みは伴いません。

このハサミやピンセット使った治療法は、意外と傷痕が残ることなくキレイに首イボを取り除く事ができますので、手っ取り早く首イボを取りたいと言う人にはおすすめ治療方法になります。

首イボをハサミで除去する場合の治療費について

治療費 約1,000円
保険 適用
痛み 若干の痛みは伴いますが心配するほどではない。

ハサミを使用した首イボの除去は、最も原始的な方法で昔からある施術方法になります。

一番料金が安い方法で、施術自体もすぐに完了します。

化粧品とは違い一瞬で首イボが取れますが、ハサミで切り取るかたちになりますので傷跡にしばらく絆創膏を貼る必要がありますし、キレイに傷跡が消えるまでに相当な期間が必要になります。

イボをすぐに切り取って傷跡がしばらく残るか、ゆっくり時間をかけて化粧品で傷跡が残らないようにイボを取るかは人それぞれ考え方が違うと思いますので、自分に合った方法で首イボを取るようにしましょう。

首イボはハサミや爪切りで切ってはいけない!?意外と知らない危険性について

首イボの治療法の一つに「ハサミで切る」と言う方法があります。 最も一般的なイボの治療法で古くからある方法ではありますが、絶対に自分でハサミを使用して切ることだけはやめておきましょう。 首にできる小さな ...

続きを見る

②液体窒素を使った治療で首イボを除去する

液体窒素を使って首イボやその他のイボを除去する方法もあります。

液体窒素を使ってイボを取り除く場合は、アクロコルドンのような老人性疣贅(首イボ)ではなく、ウイルスに感染してできるイボがメインになります。

後ほどご紹介しますが、首イボと言っても1種類ではなく老化現象でできるイボとウイルスによってできるイボがあります。

ちなみにウイルスに感染してできるイボは「若年性扁平疣贅」と言って、10~20代と言った思春期にできるイボで、ニキビと同じように顔を中心にできますのでとても厄介なイボになります。

また、若年性扁平疣贅の場合は、アクロコルドンのように突起していなくて、扁平と言う名前の通り平たいイボになりますのでハサミで除去することはできません。

液体窒素を使用した治療法のメリットは、平たいイボでもキレイに取り除ける事と、一度で複数のイボを除去できる事になります。

液体窒素を使用した治療法について

液体窒素を使用した治療方法は、「マイナス200℃の液体窒素」をピンセット等の先端につけてイボに当てていきます。

するとイボの細胞が壊死してかさぶたとなります。

あとは自然にかさぶたが剥がれるのを待つだけになります。

とても簡単そうに言いましたが、1回の施術で細胞を完全に壊死させることが難しいイボもあり、そのようなイボの場合は数回繰り返し施術を受ける必要があることと、1回の施術でも相当な痛みを伴うと言うデメリットがありますので、アクロコルドンの場合はハサミで除去してもらった方が良いでしょう。

首イボを液体窒素で除去する場合の治療費について

治療費 約2,000円(1回)
保険 適用
痛み 痛みは伴いますが、場合によっては麻酔を使用するので安心。

液体窒素を使用したイボ治療は数回施術を受ける必要があります。

ですから、複数イボがある場合や大きなイボがある場合におすすめの治療方法になります。

首イボを皮膚科の液体窒素治療で治す方法!費用や保険適用の有無と安全性について

首イボの治療と言えば「皮膚科」もしくは「美容外科」での手術になります。 手術と言っても非常に小さな手術になりますのでそこまで心配する必要はないでしょう。 そんな皮膚科等で行われる首イボ治療方法に「液体 ...

続きを見る

③炭酸ガスレーザーを使った治療で首イボを除去する

イボの治療方法に炭酸ガスレーザーを使用した治療方法があります。

基本的に美容外科や美容皮膚科で行われている治療法で、首イボの治療と言うよりもほくろの除去やあざの除去に用いられる治療方法になります。

ただし、顎や頬骨あたりにできる老人性疣贅に関しましては、炭酸ガスレーザーを使用した治療法でイボの除去が行われる場合がほとんどになります。

炭酸ガスレーザーを使用した治療法について

液体窒素の施術と同じように痛みを伴いますので、麻酔を使用する場合がほとんどです。

麻酔を施してから水分に反応するレーザーをイボに照射することで、イボの水分が一気に蒸発しイボの細胞が壊死します。

乾いたイボは自然と剥がれ落ち、出血もほとんどしない特徴があります。

また、比較的痕の残りにくい治療法で基本的には1回の治療で済みますので人気の治療法になります。

ただし、保険適用外の治療となりますので、費用はそれなりに必要になりますのでご注意ください。

首イボを液体窒素で除去する場合の治療費について

治療費 5,000~10,000円(大きさや量による)
保険 適用外
痛み 痛みは伴いますが麻酔を使用するので安心。

炭酸ガスレーザーを使用したイボ治療は保険適用外になりますので、費用負担が大きくなってしまいます。

上記では5,000~10,000円と記載しましたが、イボの大きさや量によってはそれ以上に費用が必要な場合もありますのでご注意ください。

首イボを皮膚科のレーザー治療で治す方法!費用や保険適用の有無と安全性について

首イボを取るための治療方法はいくつかありますが、最もおすすめの方法が「レーザー治療」による首イボの除去になります。 なぜ首イボの治療はレーザー治療がおすすめなのかと言いますと、「1回の治療で首イボが取 ...

続きを見る

イボ(首イボ)治療を専門としている皮膚科を厳選してみました!

「東京都・神奈川県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県」にある一般皮膚科や美容皮膚科を厳選してまとめています。

皮膚科で首イボを取る場合は参考にしてください。

東京都の皮膚科
神奈川県の皮膚科
愛知県の皮膚科
大阪府の皮膚科
兵庫県の皮膚科
福岡県の皮膚科

首イボに効果的な有効成分について

上記で紹介しました首イボに効果的なオールインワンジェルには、「ヨクイニン」「杏仁オイル」等の成分が配合されています。

これらの成分は、首イボケアにとても効果的な有効成分で、イボがポロっと取れて改善したり、今後の予防対策にも効果を発揮します。

それでは、首イボに効果的な有効成分を見ていきましょう!

ヨクイニン

ヨクイニン
ヨクイニンとは漢方の一種で、ハトムギに含まれている成分になります。

つまり、ハトムギもヨクイニン同様に首イボ等のイボ全般に効果的な有効成分と言うことになります。

ですから、首イボ専用の化粧品を選択する際はハトムギかヨクイニンが配合されている物を選ぶようにしてください。

ヨクイニンの主な効果は、肌の新陳代謝を活性化させてターンオーバーを促進させ肌をキレイにする効果になります。

また、保湿効果や柔軟化と言う作用もあり硬くなったイボを柔らかくしポロリと落としてくれる効果に期待できるのです。

他にもイボが大きくなるのを防いだり、今以上にポツポツを増やさない予防効果にも期待できます。

ウイルス性のイボであっても、皮膚科等でヨクイニンが処方される事もあることから、ヨクイニンはイボの改善効果が非常に高いと言う事が言えます。

ですから、首イボのポツポツを取りたいと言う場合は、ヨクイニンもしくはハトムギ配合のオールインワンジェルを使用するようにしましょう。

首イボが改善するヨクイニンの効果とは?成分や副作用について

多くの女性が悩む「首イボ」ですが、ヨクイニンと言う成分で首イボが改善するって知っていましたか? ヨクイニンは首イボだけではなくイボ全般に効果的で、皮膚科のイボ治療の際にも処方される程イボに効果的な成分 ...

続きを見る

杏仁オイル(あんずエキス)

あんず
杏仁オイルとは漢方の一種で、アンズの種の中のから抽出された油になります。

杏仁オイルは人間の皮脂に似た成分で、肌への浸透性が高く潤いを与えてくれます。

イボの原因は乾燥でもありますので、杏仁オイルが肌の乾燥を防いでイボを予防してくれます。

また、杏仁オイルには肌のターンオーバーを促進させる効果もあることから、美肌効果はもちろん肌を再生しポツポツした首イボを取り除く効果に期待できます。

しかも、美肌効果や美白効果にも期待できますので、イボ改善効果と同時にスキンケア効果も非常に高い成分となります。

ドクダミエキス

ドクダミ
ドクダミエキスは万病に効く薬草として古くから民間薬として親しまれている「日本三大薬草」の一つになります。

ドクダミの茎や葉から抽出したエキスで、殺菌作用や除菌作用が高く皮膚の炎症等を抑える効果があります。

ドクダミは肌や体への刺激が少ないことから外用でも内服でも使う事が可能ですが、内服する場合は過剰摂取による下痢等の症状が出る場合もありますので、飲み過ぎにはご注意ください。

イボ対策でドクダミを使用する場合は、化粧品等に配合されているドクダミエキスがおすすめになります。

その他の有効成分

アスタキサンチン

紫外線を浴びると活性酸素が生成されて肌の老化の原因になってしまいます。

しかし、アスタキサンチンは活性酸素を除去してくれる働きがあることから、紫外線のダメージを抑制して首イボの予防対策に効果を発揮してくれます。

また、アスタキサンチンは抗酸化作用が高い事からシミやシワの改善効果が高い事と美肌効果が高い事でも有名ですね。

キハダ樹皮エキス

キハダ樹皮エキスとは、ミカン科の植物であるキハダの木の皮から抽出したエキスで、ベルベリンやフラボノイドを含んでいて肌を清潔に保ち、引き締めてくれる効果に期待できます。

ダーマヴェール

ダーマヴェールとは、セイヨウシロヤナギの樹皮から抽出したエキスで、表皮角化を防ぐ効果がある事と乾燥肌ケアにも期待できる成分になります。

肌の正常な成熟化を促し、肌荒れを防いだりキメの整った肌へ導いてくれます。

また、くすみなどにも効果的で敏感肌にも良い成分と言われております。

首イボに効果的な成分は他にもありますが、上記の成分が配合されていれば十分首イボ改善効果に期待できます。上記成分を全て配合している化粧品はありませんが、2~3の成分を配合しているものがほとんどになりますのでしっかりと首イボ改善効果に期待できますのでご安心ください。皮膚科で手っ取り早く取ってしまえば早いのですが、「皮膚科に通いたくない」と言う場合や、「痛みなく首イボを取りたい」と言う場合は、まずは上記成分が配合されているオールインワンジェルからお試しください。

首イボの正体とは?首やデコルテにできるイボの予防対策

年齢を重ねる毎に肌の状態に大きく影響が出てきます・・・

特に首元は最も年齢が表れやすい部分でもあり、最も気になる部分でもあります。

女性なら誰もが首やデコルテを美しく見せたいと思うのではないでしょうか?実際首やデコルテが美しいだけで実年齢よりも若く見られるのは言うまでもありません。

しかし、30代を過ぎたあたりからデコルテから首筋にかけて小さなポツポツが現れ始めてきます・・・

いわゆる「首イボ」と言われているやつですが、首イボに悩まれている方が多いのも事実で、皮膚科に通えずそのまま放置している人が多いのも現状となります。

ですが、上記でもご紹介しましたように、首イボやデコルテにできるポツポツに関しましては、わざわざ皮膚科に通わなくても、ヨクイニン等の有効成分配合の化粧品を使用すればキレイに取ることが可能となります。

放置しているとどんどん大きくなり化粧品だけでは取るのが難しくなりますので、皮膚科等でハサミで切り取ったりレーザーで焼き切ったりする必要があります・・・

そうなる前に早めの予防対策が重要になってくるのが、首やデコルテにできるポツポツとしたイボなのです。

でも、この首イボの正体って何だと思いますか?ほとんど知っている人は少ないと思いますが、この首イボの正体は古くなった角質が突起したもので「角質粒」と呼ばれるものになります。

だからこそ、早い段階でケアしてあげれば、皮膚科に相談しなくても上記で紹介した様な化粧品でキレイに取り除く事が可能となるのです。

首イボの予防対策

首イボの予防対策としましては、まずは「十分な保湿」が重要になってきます。

冒頭でも言いましたが、首イボと言われているアクロコルドンは紫外線や摩擦が原因で、特に乾燥肌の人にできやすい傾向になります。

ですから、徹底した保湿ケアが必須となってきます。

首イボに限らずイボ全般に効果的なヨクイニンを含んでいて、さらにたっぷりの保湿ケア成分を配合したオールインワンジェルでしっかりと保湿してあげるようにしましょう。

そうすることで、今ある首イボは自然とポロリと取れますし、今後の首イボ対策にもなります。

首筋やデコルテにイボができる原因はなに?

先述しましたが首やデコルテにできるイボの正体は、古くなった角質が突起したものになります。

本来であれば肌のターンオーバーによって古くなった角質は排出されるのですが、加齢とともにターンオーバーの周期が遅れ始めて上手いこと古い角質を排出することができなくなります。

20代では28日周期で行われるターンオーバーも50代になれば40日以上必要になります・・・

つまり、首やデコルテにできるポツポツとしたイボは、肌自体の新陳代謝が低下する老化現象の一つと言うことなのです。

また、加齢とともに失われていく肌の潤いや保湿成分が原因で乾燥肌になってしまいます。

さらに蓄積された紫外線のダメージと代謝力の低下が原因で首イボができてしまいます。

首イボが気になりだす年齢は30代ぐらいからが一般的で、40代50代になってくるとさらに増えていきます。

これはちょうど肌の老化による乾燥や新陳代謝が低下しはじめる時期と重なる年齢になります。

だからこそ早め早めに対策して、キレイに首イボを取り除き今後首イボができないように予防対策しなければならないのです。

首にできるポツポツとしたイボは自然治癒はすることは無く放置しているだけでは取れることはありません。

それどころか加齢とともに増加していく傾向にありますので、一刻も早く対処した方が良いのです!

もし首イボでお悩みならまずは化粧品で首イボの除去と今後の予防対策からはじめてみてはいかがでしょうか。

また、首イボは「老化のサイン」でもありますので、今まで以上にスキンケアを意識することをおすすめします。

首イボは老化のサイン!?

上記でも言いましたが、首イボは角質粒と呼ばれるもので、古くなった角質が排出されずに蓄積され突起し硬くなったものになります。

何度も言っていますが、本来は古くなった角質はターンオーバーによって排出されますので、肌に蓄積される事はありません。

しかし加齢が原因で新陳代謝が低下し、本来剥がれ落ちるはずの角質が肌に留まってしまい蓄積されているのです・・・

その結果突起して出てくるのが角質粒と呼ばれる首イボになります。

年齢を重ねるとどうしても保湿力が低下し、乾燥肌になりがちです。

乾燥肌は首イボの原因になりますので、首イボがあると言うことは肌の老化による乾燥肌やターンオーバーの停滞を示すサインだと思ってください。

つまり、首やデコルテにできる首イボは残念ながら老化のサインと言うことです。

ですから、首イボを増やさないためにもヨクイニン配合の化粧品でしっかりと保湿してあげるようにしてください。

肥満は首イボができる原因!?

首イボができる原因は「紫外線・摩擦・乾燥」に加え「老化現象」と言いましたが、実はこれらの原因以外にも首イボができる原因があります。

その原因は「肥満」になります!

肥満体質の場合首に限らず「脇の下・股」等にイボができやすい傾向にあります。

これは、脂肪が多い分摩擦が増えるからで、皮膚が余計にたるむことによって擦れたりすることが増えるからになります。

その擦れが肌に刺激を与えることで皮膚が角質化しやすくなり、角質粒として肌表面に現れるのです。

さらに、肥満が原因で新陳代謝が低下しますので、体の解毒作用が低下することもイボができてしまう原因にもなります。

若いのに首イボやその他の部分にポツポツのイボが良くできると言う場合は、肥満が原因になりますので生活習慣を見直すように心がけましょう

化粧品で取れる首イボと取れない首イボ

首イボと一口に言っても種類はさまざまで、首イボの種類によっては残念ながら化粧品では取れない場合もあります。

ですから、まずは自分が悩んでいる首イボはどの種類に該当するかチェックしてみましょう!

化粧品で取れる首イボの種類

まずは上記で紹介しました化粧品で取れる首イボの種類を見ていきましょう。

アクロコルドン

アクロコルドン
アクロコルドンは首によくできるイボになります。

アクロコルドンの特徴は、大きさは米粒よりも小さく大体1~2mm程度のイボで、大きくても3mm程度になります。

色は茶色または肌色で、遠目から見るとあまり目立たない首イボになります。

首やデコルテのような柔らかい皮膚にできやすく、紫外線や摩擦の外的要因でできることが多く、乾燥肌もアクロコルドンの原因の一つになります。

アクロコルドンは皮膚科に通わなくてもヨクイニン配合の化粧品で取ることが可能なイボになります。

首イボ「アクロコルドン」の原因と対処法!自宅で取れないの?

首イボと言っても種類はさまざまで、その中の一つに「アクロコルドン」と言う名前の首イボがあります。 ある日鏡を見て首やデコルテに小さなポツポツしたイボのようなものがある事に気づく人もおおいと思います。 ...

続きを見る

老人性疣贅(脂漏性角化症)

老人性疣贅
老人性疣贅とは、いわゆる老人性イボのことで、脂漏性角化症と言われるシミの一種でもあります。

主な原因は加齢で、首だけではなく顔、デコルテ、目元等体の至る所にできるのが特徴になります。

色は基本的に肌色のものが多いのですが、人によっては茶色のものや黒っぽい色のイボもあります。

また、かゆみを伴うこともあり、ふいに何かにひっかけたときにポロっと取れることもありますが、基本的には放置していても取れることはありません。

老人性疣贅は年齢を重ねる毎に大きくなる傾向がありますが、人にはうつらないイボになります。

また、良性の腫瘍になりますので気にならなければ放置していても大丈夫ですが、見た目が気になると言う人はヨクイニン配合の化粧品でケアして取るようにしましょう。

首イボ「老人性疣贅(老人性イボ)」の原因と対処法!自宅で取れないの?

老化現象でできる代表的な首イボが「老人性疣贅(ゆうぜい)」と言われるイボで、老人性イボとも呼ばれています。 老人性疣贅は、老人性イボと言われたり脂漏性角化症と言われたり呼び方はさまざまですが、要するに ...

続きを見る

スキンタッグ

スキンタッグ
スキンタッグもアクロコルドンと同じように比較的首にできやすいイボになります。

特に汗をかきやすい部分にできるイボになりますので、脇の下やデコルテ、お尻にもできやすいくなります。

スキンタッグの特徴は、1~3mm程度の大きさで、色は肌色から茶色になります。

基本的には小さなイボですが、放置していると皮膚から飛び出して1㎝ぐらいになることもありますので早めのケアが重要になります。

スキンタッグも皮膚科に通わなくてもヨクイニン配合の化粧品で取ることができます。

首イボ「スキンタッグ」の原因と対処法!自宅で取れないの?

数ある首イボの種類の中の一つに「スキンタッグ」と言う種類の首イボがあります。 スキンタッグはアクロコルドンと同じように首やデコルテにできやすいイボですが、その他にも「脇の下・胸・まぶた・目元・太もも」 ...

続きを見る

以上の首イボに関しましては、上記で紹介しましたヨクイニン配合の化粧品でキレイに取り除く事が可能となります。手っ取り早く首イボを取りたい場合は皮膚科をおすすめしますが、中には皮膚科に通いたくないと言う人もおおいと思います。このような場合は、ヨクイニンや杏仁オイルを主成分として配合しているオールインワンジェルでしっかりとケアしてあげてポロっと取れるのを待ちましょう。

首イボ専用の化粧品おすすめランキングへ戻る

化粧品では取れない首イボの種類

次に化粧品では取れない首イボについてご紹介したいと思います。

以下のようなイボがある場合は、皮膚科に相談する事をおすすめします。

悪性腫瘍

悪性腫瘍
アクロコルドン、スキンタッグ、老人性疣贅は良性の腫瘍でしたが、上記画像のような悪性腫瘍が首にできる場合もあります。

特徴は色が黒くほくろのようなイボになります。

痛みを伴ったり、急に大きくなったり、出血したりすることもあるイボで、皮膚がんの可能性もありますのですぐに皮膚科を受診するようにしてください。

ウイルス性疣贅

ウイルス性疣贅
ウイルス性疣贅は他人にうつりますので注意が必要になります。

ウイルス性イボは「尋常性疣贅」と「扁平疣贅」の2種類あってどちらも人にうつりやすい傾向にあります。

尋常性疣贅は足や手の指等の擦れやすい場所にできますが、稀に首にできる場合もあります。

一方扁平疣贅は、顔にできやすい平たいイボで大きさは2mm程度になり比較的若い女性できやすい傾向があります。

どちらのイボも傷口等から感染する可能性が高く、公衆浴場やプール等で簡単にうつってしまいますので注意が必要になります。

また、増殖スピードが速いため、早めに対策をするようにしてください。

軟性繊維種

軟性繊維種
軟性繊維種は比較的大きなイボで、5mm~1cmぐらいの大きさのイボになります。

放置しているとどんどん大きくなり1cmを超える大きさになりますので、早めにケアすることをおすすめします。

軟性繊維種の原因は遺伝的要素がある場合もありますが、基本的には老化が原因でできるイボになります。

痛みやかゆみのない良性の腫瘍ではありますが、早めにケアするようにしましょう。

懸垂性繊維種

懸垂性繊維種
懸垂性繊維種は軟性繊維種よりも大きなイボで、垂れ下がったイボになります。

懸垂性繊維種も老化が原因でできるイボですが、遺伝的要素もあるイボです。

痛みやかゆみのない良性の腫瘍ではありますが、放置すると大きくなりますので早めにケアするようにしましょう。

悪性腫瘍やウイルス性のイボは化粧品では取り除く事ができませんので、皮膚科を受診して治療をするようにしてください。皮膚科での治療と言えば痛みが気になると思いますが、最近は麻酔を使用してイボ治療を行うようになってきていますので、痛みについてはそこまで心配する必要はないでしょう。

首以外にイボができやすい場所はどこ?

首イボも気になりますが、イボができるのは首だけではありません。

基本的にイボは肌バリアが弱っている場所で、免疫力の低下している場所にできやすい傾向がありますが、紫外線や摩擦の影響でイボができることも良くありますので注意が必要になります。

イボができやすい場所

イボができやすい場所 イボができる原因
デコルテ 胸元から首筋にかけてイボができる原因は摩擦もあるのですが、乾燥が原因でイボができる場合もあります。またデコルテを露出している様な服を着る機会が多い場合は紫外線の影響でイボができてしまう場合もありますのでご注意ください。
胸は皮膚が薄く柔らかい部分ですが、下着や服で摩擦が起きやすい場所でもあります。イボの原因は摩擦にありますので、胸も比較的イボができやすい傾向があります。胸にできるイボのほとんどは摩擦が原因になりますので、摩擦には十分注意するようにしましょう。
脇の下 脇の下は非常に摩擦が多い部分になります。肌同士の摩擦はもちろん服と肌の摩擦が起こる場所でもありますので、イボができやすい傾向があります。また、ワキは汗をかきやすい場所でもあることから最もイボができやすい場所でもあるのです。脇の下にイボができる原因は、摩擦と汗による蒸れになります。
脇腹 脇腹は歩いているときに手があたったり、荷物を持っているときに擦れたりすることで摩擦が起こります。脇腹も胸同様に皮膚が薄く柔らかい場所になりますので、摩擦の影響でイボができやすくなりますのでご注ください。
太もも 太ももでも付け根部分にイボができる場合があります。太ももの付け根も摩擦の多い場所になりますので、イボができやすくなります。また、すぐ近くにリンパ腺があることから内部のリンパ液の状態の影響でイボができやすくなる傾向があります。ですから、太ももの摩擦にも十分注意するようにしてください。
まぶたや目元 まぶたや目元も小さなイボができやすい場所になります。まぶたや目元は皮膚が薄く柔らかい上に常に紫外線を浴びている場所になりますので、ダメージが大きくイボができやすい傾向があります。しっかりと紫外線対策をして目の周りを紫外線から守るようにしてください。
肩も意外とイボができやすい場所になります。肩は比較的露出度が高い場所でもありますので、デコルテ同様に紫外線の影響を受けやすい場所にもなりますので、なるべく露出を少なくするようにしてください。

以上のようにイボは首以外の様々な場所にできますので、注意が必要になります。

特に目立つ首イボやデコルテにできるイボは早めに改善したいですね!皮膚科で首イボを取る場合はあっという間ですが、化粧品を使って首イボを取る場合は時間がかかってしまいますので、早めに対策をするようにしてください。

首イボ専用の化粧品おすすめランキングへ戻る

首にできてしまったイボの対策

首やデコルテにできてしまったイボの対策として最も最適な方法は「保湿」になります。

肌に潤いを与えて乾燥肌を克服することで、硬くなってしまった角質粒を柔らかくなり、自然とイボがポロリと取れます。

もちろんイボに効果的な成分を配合した保湿クリームやジェルを使用しないとイボは取れませんが、ヨクイニンやあんずエキス等を配合した化粧品を使用して保湿してあげれば首イボはキレイに取れます。

イボ専用化粧品は美容効果や美肌効果ももちろんありますが、イボを取るために開発された化粧品になりますので首イボに悩まれている方は是非試してみてください。

もう一度言いますが、ただ保湿するだけではイボは取れません!しっかりとイボに効果的なヨクイニンやあんずエキスが配合されている保湿化粧品を使用することが首イボの改善に繋がります。

イボ専用化粧品は美肌効果も高い!?

イボ専用化粧品はイボを取る目的で開発された化粧品になりますが、首のイボ以外にも乾燥肌の改善や、かかとのざらつき等の様々な肌トラブルにも効果的になります。

また、イボ専用化粧品はオールインワンジェルになっていて、ヨクイニンやあんずエキスのイボに効果的な成分以外にも、「プラセンタエキス・ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド・ビタミンC誘導体」等々の美肌効果の高い成分がたくさん配合されていますので、イボを取るだけでなく美しい肌を手に入れる事が可能となります。

ですから、イボを取る目的はもちろんなのですが、日々のスキンケアとしてもお使いいただけます。

イボ専用化粧品のの効果がスゴイ!

イボ専用化粧品は、イボができるメカニズムはもちろんイボが取れるメカニズムも理解した上で開発されていますので、使い続けるだけでイボがポロリと取れるようになっています。

イボの大きさや数によってイボが取れるまでの期間は人それぞれ異なりますが、上記で紹介しました化粧品で取れるイボであれば継続することでキレイにイボを取ることができます。

しかも、美肌成分もしっかりと配合されていますので、イボが取れた痕も残らずキレイにイボを取ることが可能なのです。

皮膚科等でハサミで切ると痕が残ってしまったりしますが、イボ専用化粧品の場合は時間はかかりますけど痕が残らずキレイにイボを取ることができます。

キレイに首イボが取れて美肌効果まであるとなれば、イボ専用化粧品を使わない手はないですね!

首やデコルテにできたイボでお悩みの方は、まずはイボ専用の化粧品で首イボの悩みを解消してみてください。

首イボ専用の化粧品おすすめランキングへ戻る

投稿日:2017年4月14日 更新日:

Copyright© 首イボ取り方ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.